dorayakiBlog

~絵など興味ある事について書いてます~

一点透視図(一点遠近法)とは

物体の真正面から見た時の視点。

画面の上下からの中心辺りに水平な線があり、その水平線の中央の消失点から放射状に出る仮装の線に平行に交わる対象物の辺はその仮想の線に沿って見える法則の事。その法則を利用して三次元を二次元として表す事が出来る。

多くの線が中心に集まる様に見えるので、視覚的効果として絵の中心に求心力が生まれやすい。そしてシンプルな安定感や力強さが生まれる。

一点透視図の作図

関連する記事
・透視図法(遠近法)とは
・ニ点遠近法とは
・三点遠近法とは
・知覚遠近法とは
・1.5点遠近法とは