dorayakiBlog

~絵など興味ある事について書いてます~

二点透視図(二点遠近法)とは

正面以外の左右どちらかの斜めから見た時の視点。

消失点が地平線上に、視点となる自身の両側にあり、その二点からそれぞれ放射状に出る仮想の線に平行に交わる対象物の辺はその仮想の線に沿って見える法則。

たいていの場合は両側の消失点は、人間の視野にならって、画面のフレームの外に設定される。巨大な物・近くで見た物はその両側の点が近く、小さい物・遠くから見た物はその両側の点が遠くなる。立方体を描いた時にその立方体の上面(と下面)の内角の四隅の角のそれぞれの角度は90°にはならない。

二点透視図の作図

関連する記事
・透視図法(遠近法)とは
・一点遠近法とは
・三点遠近法とは
・知覚遠近法とは
・1.5点遠近法とは