dorayakiBlog

~興味ある事について書いてます~

炎上商法と炎上叩きが流行る理由と目的

全てにおいて決め付けて言えるわけでもないが、

近年、とはいえネット黎明期のホームページやブログ隆盛の頃もあるにはあったが、プチ炎上から大炎上とネット上の至る所で炎上騒ぎが起きている。今までそういう事は新聞や週刊誌やテレビのワイドショーで発信者だけで有名人や社会問題等について侃々諤々論争して受信者の私たちはそれを見てせいぜい仲間内で騒ぐだけであったのだけどやはりネットが一般に完全に普及してからは変わった。やはりブログ時代まではせいぜいフィーチャーフォンいわゆるガラケーがようやく全世代に普及していた程度だったし、みんながみんなウェブを閲覧出来ていたかは怪しい。そんな中でブログやサイト作って発信したりそこにコメントを付けるのはある程度ITの知識のある若い人や先進的な人が多くて今ほどまでは一般化はしていなかった様に思う。やはりガラケーの全世代への普及を経てからの1人一台スマホを所有してからのSNSの普及が炎上ブームの下地を作ったと考えられる。SNSはプログラミングやサイト作成のマークアップランゲージすなわちhtmlを知らなくても良いし、ブログ作成の様な面倒な手続きやアップロード等の管理作業よりお手軽簡単に自分のアカウントを運営出来る点が個人ユーザーにはとても大きい。

まぁそんな誰でも発信出来るこのご時世でITリテラシーの欠けた倫理的道徳的に誤った情報もしくは特定のクラスタ・団体・組織に対して利益にならなかったり不快感を与えてしまう情報を発信してしまう人がいるのは至極当たり前な話ではあるが、

その中であえて故意に炎上を起こす人もいる。 それはやはり注目をある程度容易に集める事が可能で何らかの利益になるからであろう。それはお金なのか存在認知の喧伝の為なのか認められたいという承認欲求を満たす為なのかまたは何かから逆に注目を逸らす為のスケープゴートの為なのか目的はいくつか考えられる。それだけネットが普及した今、発信する側の数も飽和状態にあるのでアクセスを集めるのが容易ではなくなっている。その為に(故意による)炎上というマーケティング戦略?が行われていると見られる。
ただそこには批判や反論さらには制裁や罰則があるかもしれないというリスクが付き纏うのにもかかわらず何故あえて自ら火を起こし燃料を投下するのか?その際、炎上も二つの方向性があると考える。明らかに度の過ぎた悪ふざけ的な又は一定の倫理・道徳の線を超えた炎上の火種と、隠された(正義や常識と信じられている)真実を突く誰もが触れないタブーを侵す類の火種とがある様に考える。どちらも紙一重な部分はあるかもしれないが。
両者ともに、とはいえ前者の火種の方は相当難しいかもしれないが、真摯な謝罪や筋の通った釈明でその炎上の成り行きをまとめ上げる事が出来れば逆に悪の道にありながら注目と尊敬を集める所謂ダークヒーロー的存在となり逆にその炎上を起こした人物の株を上げる事もあり得る。むしろ正統派ヒーローより魅力的な。考え無しで炎上を起こしてる人もいるが頭の良い人はそこまで計算して炎上を起こしている人もたまにいる節が見られてならない。または計算など無く天然でその人の人間性で切り抜ける様な。

そして炎上には起こす側(単数もしくは少数)とそれを批判していわゆる叩く行為をする側(圧倒的多数)がいて成り立つ。叩く側がいないとただの一人相撲になってしまうので。
叩く人たちの大多数はやはり自身の正義感に則り揺り動かされ自分の信じる所の意見・反論を炎上の主に返信している、というのが一般的な叩くという行為だろう。誰しもが発信者になれる様になったこの事がやはり炎上の増加に大きく寄与している、炎上を起こす側も叩く側も。しかしそれはただ間違った誤ったおかしい非難されるべき情報を押し付けられてもただただ受信するのみであった頃よりはまともな社会になっているとは思う。

そして他にはストレスの発散の為に、または悪ノリして喧嘩を囃し立てるが如く叩く人たちもまたいる。炎上の炎が上がると誰でもアクセス可能な為に集まってきやすくなったのも大きい。いわゆる某掲示板の祭りの様にお祭り的感覚で持ち上げられて炎がさらに上がってしまうのが現状昨今の炎上騒ぎの構造ではあると見る。

ただこれは傷付く人も出てくるのでよろしくない文化だなとは思うので、これに対抗するには良い物や事・行為を褒める行で炎上、炎を上げられれば良い文化になるのだろうと考えるのだけど難しい事なのかなとも考えてしまう。

カテゴリ別記事一覧

・絵画技法
ポワンティエという絵画技法
ポワンティエの仕組みについて
アラプリマ技法のコツ
スカンブル技法
グレーズ(グレージング)技法
スフマート技法
グリザイユ画法
インプリマトゥーラ
ファットオーバーリーン
ウェットインウェット
スパッタリング
絵の耐用年数
絵の耐久力
絵や印刷物の保存方法
絵具のつや消し
つや消しの絵具
つや消しの原理
つや消しの絵が好まれる理由
絵を描く姿勢
絵の描き方とは
黒い物体の描き方
補色対比を利用した描き方
透視図法とは
点描について
彩色について
陰影のつき方

・水彩、アクリル絵具、他
アクリル絵具の特徴
アクリル絵具の道具
アクリル絵具を使う時に気をつけたい事
アクリル絵具の弱点
アクリル絵具を落とす方法
アクリル画に必要な道具
アクリルニスの塗り方
水彩画の絵やイラストをうまく描くコツ・方法
アルキド樹脂絵具について

・油彩
油絵を描く道具
乾燥促進剤の種類
樹脂ワニスの種類
乾性油の種類
画用液の調合の方法
揮発性油の種類
油絵を描く時の臭い
シルバーホワイトという絵具
シルバーホワイトとチタニウムホワイトを混ぜる
混色制限の無いウルトラマリンブルー
油絵具で紙に描く方法
油絵用の画用紙
紙に油絵具で描く
油絵専用画用紙アルシュオイルパッドについて
油絵の具でイラストを描く
油絵具を速く乾燥させるには
油絵の臭いを減らして描く
油彩筆の洗い方
グレーズの画用液について
スタンドオイルやベネチアテレピンについて
ブラックオイル(クサカベ)のレビュー
ストロングメディウム
高品位油絵具ヴェルネ 使用感
樹脂油絵具について

・画家
フェルメールブルー
印象派モネの技法
印象派ルノワールの技法
ハマスホイについて
「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで - 技法面で気になった部分について -

・美術
画家は長生きなのか?
絵はお金のかからない趣味なのか?
画家の映画
5分で分かるざっくり西洋美術史
鉛筆の硬度Fとデッサンなどでの用途
下手も絵のうち について
心が哭くという事 芸術創作の動機
絵を描くときの眼の使い方
仕事しながらの創作について
美術館でのマナーについて
よく行く画材屋について
百均の絵具
チタニウムホワイトの特徴
ビスマスイエローの特徴
紙パレットの利点
空はなぜ青い
天然の軟毛筆について
筆の置きどころ
アートは必要ないか
アート(芸術)とは何なのか?を考える
美術の授業は必要なのか
コロナ禍の美術鑑賞
絵の飾り方
絵の行き着く場所
アナログ画材・アナログ絵具の良い点
デジタル画材の良い点

・ウェブ・IT
NTTドコモの新料金プランのahamo(アハモ)にしない理由
スマホアプリのデジタルデトックス
Twitterでサムネイル画像を真ん中に調整する方法
レスポンシブウェブサイトの作り方
スマホはサブブランドに脱出せよ
スマホゲーム(ソシャゲ)は高過ぎる
UQモバイルへの移行費用
simロック解除の方法
mnp(ナンバーポータビリティ)の方法
スマホ・携帯ショップでタブレット契約した時の何か騙され感のある話
スマホの料金が高いのでauからUQモバイルに変えた
買い切りアプリゲームについて
スマホ依存症・中毒にならない為に
photoshop for ipad を試してみた
マイナーなジャンルなブログの描き進め方
自分のサイトの表示速度を測る方法
i pad 電源がつかない時の対処法
パソコン配布27万円について
スマホ用VRゴーグル(簡易版)を買ってみた
ながらスマホについて
iphoneのメモ帳の活用
一般人はプログラミングを学習する必要があるのか?
人はAIに仕事を奪われるのか
Amazon web servide EC2 に FTP で接続できなくなってしまったので
リファラーのアクセスを制限する
Googleへのクローラ巡回のリクエストとその拒否
Google Earth Pro を試す
Google Earth Pro を試す 追補
プログラミングをはじめたきっかけ
プログラミング言語は何から始めるかについて
一般の人が最初に実用として、どのプログラミング言語を学んだほうが良いのか
Webデザインで風流な縦書きを
iPhoneの使いみち 私の場合
Java servlet をAWS Amazon EC2 にアップロードする流れ
スキューアモーフィズムとフラットデザイン
スマートフォン等のサイトデザイン

・生活
フリーランスは国民年金基金に加入した方が良い
クレジットカードで家計簿
温かい飲み物を買わない
しみ込みチョコパフについて
依存症の原因とは
生きる意味とは?について
ペットボトルは買うな
突然の訪問は少し怖い
風邪をひかない方法
サンシェードの日除けの効果
なぜ人は隅に座るか(電車や席など)
一人遊びの才能
あいさつする意味
好きな事を仕事にしたほうがいいと思う理由
クリエイターと消費税
楽に掃除する方法
持たない手ぶら生活
イノベーションはどこにある
伝記を読む意義

Name:ドラ焼き
油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterにてイラストもアップしてます。アカウント:@dorayakiArt
アート作品はこちらにて ウェブギャラリー:dorayakiArt Gallery
👇このページの記事をシェアする