dorayakiBlog
~絵や興味ある事について書いてます~
header image

デカルコマニーとは

デカルコマニーとは、パレット上に既に出された油絵具やアクリル絵具や水彩絵具の様な半液状の絵具に紙等を押し付け、紙に絵具を付着させ同時にその絵具で出来た模様を写し取り、それを描いている絵に押し付けてその絵具と模様を転写する技法である。

この技法を用いると通常の描写では描けない様な絵描きによる作為の無い特殊な模様及びテクスチャを絵に取り入れる事が出来る。

似た技法で写し取りたい物体に紙を当て、鉛筆や木炭やパステル等の筆圧を強くかける事の出来る絵具で色を乗せる事により模様の跡を写し取るフロッタージュという技法もある。

この技法を用いた代表的な画家にドイツで生まれフランス・パリで活躍した超表現主義シュールレアリズムの画家マックス・エルンスト(1891-1976)がいる。無作為なこの技法で人間の意識下を表現した抽象画を多く生み出した。