dorayakiBlog

~興味ある事について書いてます~

スマホ依存症を防ぐ為に

スマホを使っていると少なからず中毒や依存にさせる影響を受けていると言われている。

常時気軽に使用出来るスマホ等によって、新しい通知や情報または体験等の刺激を頻繁に脳が受ける事によってドーパミンと呼ばれる脳内物質が分泌される事によるからである。

ドーパミンとは報酬系と呼ばれる快楽物質で、成功体験や熱中できる事そのほか気持ち良い経験を達成しそうな時または達成した時に分泌するようである。

ふつう生活の中ではそれらの成功体験等はロングスパンにたまに起こるもので、それほど頻繁にドーパミンが分泌される事はない。
しかしインターネットの大量な情報という刺激が、スマホというそれらに容易にアクセス出来るツールにより、ドーパミンの頻繁な分泌を可能にしている。

ドーパミンが頻繁に分泌される事によりそれを受容するドーパミン受容体という脳内器官が受容に追いつかず壊れて少なくなっていってしまう。気持ち良さを感じるにはこの受容体がセットで必要のようである。
当然この受容体が少なくなってしまえば、たとえ同じ量の快楽物質が投与されても以前の様な気持ち良さは感じられなく物足りなくなる。耐性ができてしまうのに似ている様に思う。
そしてそれでは満たされず物足りなくてすぐに快楽を欲しくなるので刺激を求めて前より多く利用するようになる。そしてそれを繰り返す無限ループにはまる。

さらにロングスパンで気持ち良さの得られる努力の必要とした行為は快楽物質が容易に得られないので、そういった面倒な事についてはいわゆるやる気が無くなる状態に陥る。

ドーパミン受容体はそういった頻繁な分泌の状態を元に戻して少なくする事により三ヶ月から半年くらいすれば徐々に回復するとも言われる。

なので対処法としてはスマホ断ちをすれば良い。とはいえ現代生活をするという事も考えると、通話とメール確認と調べ物+αくらいで短時間にとどめておくのが良いだろう。

ある海外の有名なIT企業の開発者の話によるとドーパミンを分泌させるにはスロット等のギャンブルの様に当たり外れのあるランダム性があると、より強化されるようである。

例えばメールの通知は確認の度に毎回メールが来ているとは限らない。メールが来てない時は無意識的に少しがっかりはする。しかしその後にメールを確認すると届いていた。その時には脳が嬉しいと感じてかドーパミンを出すようである。これが確認の度に毎回メールが来ていたらただのルーティンになって何の刺激もなく快楽物質は少なくなるだろう。

だからランダム性は効果的なのだろう。

動物を用いた実験でも、ボタンを押すとエサが出る装置においてエサが出る時と出ない時があった方がドーパミンの分泌による脳の活動を活発さが確認されたと報告されているようである。

なのでスマホやネットやアプリ等の開発にはこういった半ば中毒性・依存性を持たせユーザーを引き留めておくテクニックを多くの開発企業が用いているそうだ。

SNS、スマホゲーム、ニュースは特にこの仕組みと相性が良く作られていると思う。

SNSに関してはイイねやフォローや返信等が強い刺激を与えるらしい。予想し得ない又は下手をすると何万人からのリアクション等の強いランダム性もあるし、人間の基本的欲求である承認も満たせる。

スマホゲーム、特に基本無料のゲーム、は課金システムもランダム性は高いし、ゲームもクリアできない状態からクリア出来た時の快感はランダム性の刺激を作り出す様に思う。そこにSNSのソーシャル性が持つランダム性も最近のゲームにはあるのではまりやすい。かつゲーム内アイテムを集めさせるいわゆる周回、期間限定のイベントや期間限定の課金アイテム、毎日配布されるログインボーナス等で一日のうち何度もスマホを使わせる手法もランダム性を助けるその一環なのだろう。

ニュースも予想し得ない刺激的な様々な種類の情報がインターネットという速報性の高いツールによりランダムに矢継ぎ早に入ってくる。快楽に繋がる情報もあるだろうしそうではない情報もネットは玉石混交と言われるほどにありランダム性は非常に高い。読者がそれらにコメント出来るという点ではSNSの特性も最近は兼ね備えている。

これらはいわゆる超常的な刺激と呼ばれている。 人間が今までの歴史で体験した事の無い刺激で人体の構造もその刺激を処理し切れるほどの進化はしていない。
少なくとも生きている間に人間の脳内構造がこの刺激に追いつけるとは思えないので、新しい情報機器や情報の扱いについてよく考えて付き合っていったほうが良いだろう。

カテゴリ別記事一覧
・絵画技法
ポワンティエという絵画技法
ポワンティエの仕組みについて
アラプリマ技法のコツ
スカンブル技法
グレーズ(グレージング)技法
スフマート技法
グリザイユ画法
インプリマトゥーラ
ファットオーバーリーン
ウェットインウェット
スパッタリング
絵の耐用年数
絵の耐久力
絵や印刷物の保存方法
絵具のつや消し
つや消しの絵具
つや消しの原理
つや消しの絵が好まれる理由
絵を描く姿勢
絵の描き方とは
黒い物体の描き方
補色対比を利用した描き方
透視図法とは
彩色について
陰影のつき方
・水彩、アクリル絵具、他
アクリル絵具の特徴
アクリル絵具の道具
アクリル絵具を使う時に気をつけたい事
アクリル絵具の弱点
アクリル絵具を落とす方法
アクリル画に必要な道具
アクリルニスの塗り方
水彩画の絵やイラストをうまく描くコツ・方法
アルキド樹脂絵具について
・油彩
油絵を描く道具
乾燥促進剤の種類
樹脂ワニスの種類
乾性油の種類
画用液の調合の方法
揮発性油の種類
油絵を描く時の臭い
シルバーホワイトという絵具
シルバーホワイトとチタニウムホワイトを混ぜる
混色制限の無いウルトラマリンブルー
油絵具で紙に描く方法
油絵用の画用紙
紙に油絵具で描く
油絵専用画用紙アルシュオイルパッドについて
油絵の具でイラストを描く
油絵具を速く乾燥させるには
油絵の臭いを減らして描く
油彩筆の洗い方
グレーズの画用液について
スタンドオイルやベネチアテレピンについて
ブラックオイル(クサカベ)のレビュー
ストロングメディウム
高品位油絵具ヴェルネ 使用感
樹脂油絵具について
・画家
フェルメールブルー
印象派モネの技法
印象派ルノワールの技法
ハマスホイについて
「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで - 技法面で気になった部分について -
・美術
画家は長生きなのか?
絵はお金のかからない趣味なのか?
画家の映画
5分で分かるざっくり西洋美術史
鉛筆の硬度Fとデッサンなどでの用途
下手も絵のうち について
心が哭くという事 芸術創作の動機
絵を描くときの眼の使い方
仕事しながらの創作について
美術館でのマナーについて
よく行く画材屋について
百均の絵具
チタニウムホワイトの特徴
ビスマスイエローの特徴
紙パレットの利点
空はなぜ青い
天然の軟毛筆について
筆の置きどころ
アートは必要ないか
アート(芸術)とは何なのか?を考える
美術の授業は必要なのか
コロナ禍の美術鑑賞
絵の飾り方
絵の行き着く場所
アナログ画材・アナログ絵具の良い点
デジタル画材の良い点
・ウェブ・IT
NTTドコモの新料金プランのahamo(アハモ)にしない理由
スマホアプリのデジタルデトックス
Twitterでサムネイル画像を真ん中に調整する方法
レスポンシブウェブサイトの作り方
スマホはサブブランドに脱出せよ
スマホゲーム(ソシャゲ)は高過ぎる
UQモバイルへの移行費用
simロック解除の方法
mnp(ナンバーポータビリティ)の方法
スマホ・携帯ショップでタブレット契約した時の何か騙され感のある話
スマホの料金が高いのでauからUQモバイルに変えた
買い切りアプリゲームについて
スマホ依存症・中毒にならない為に
photoshop for ipad を試してみた
マイナーなジャンルなブログの描き進め方
自分のサイトの表示速度を測る方法
i pad 電源がつかない時の対処法
パソコン配布27万円について
スマホ用VRゴーグル(簡易版)を買ってみた
ながらスマホについて
iphoneのメモ帳の活用
一般人はプログラミングを学習する必要があるのか?
人はAIに仕事を奪われるのか
Amazon web servide EC2 に FTP で接続できなくなってしまったので
リファラーのアクセスを制限する
Googleへのクローラ巡回のリクエストとその拒否
Google Earth Pro を試す
Google Earth Pro を試す 追補
プログラミングをはじめたきっかけ
プログラミング言語は何から始めるかについて
一般の人が最初に実用として、どのプログラミング言語を学んだほうが良いのか
Webデザインで風流な縦書きを
iPhoneの使いみち 私の場合
Java servlet をAWS Amazon EC2 にアップロードする流れ
スキューアモーフィズムとフラットデザイン
スマートフォン等のサイトデザイン
・生活
フリーランスは国民年金基金に加入した方が良い
クレジットカードで家計簿
温かい飲み物を買わない
しみ込みチョコパフについて
依存症の原因とは
生きる意味とは?について
ペットボトルは買うな
突然の訪問は少し怖い
風邪をひかない方法
サンシェードの日除けの効果
なぜ人は隅に座るか(電車や席など)
一人遊びの才能
あいさつする意味
好きな事を仕事にしたほうがいいと思う理由
クリエイターと消費税
楽に掃除する方法
持たない手ぶら生活
イノベーションはどこにある
伝記を読む意義

Name:ドラ焼き
今は油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterにて近作のイラストもアップしてます。アカウント:@dorayakiArt
アート作品はこちら ウェブギャラリー:dorayakiArt Gallery
👇このページの記事をシェアする