dorayakiBlog

~絵など興味ある事について書いてます~

印象派風のタッチ

年代や各画家によりおおむね画風の変化はあるものの、印象派の画家たちの画風の一つである印象主義の筆触分割による細かいタッチは写真や映像では感じられない肉眼で見た時のリズミカルに震える様な物に当たって反射した色の光の移り変わり(またはその波動)を再現するのに適している。

そのタッチは光を色で表現する為に、混色して色の鮮やかさを落とさない様に色をあまり混ぜ過ぎずにいつくかの鮮やかさな色の点の様なタッチで描き遠くから見た時にそれらタッチの色が人間の眼の中で混ざり合う様に分割して光を表現している。
その為そのタッチは点描に近いものになっている。しかし本当の点描の様に小さく正確で規則的な無機質な円ではなく不規則で有機的な葉の形の様な細長い円となる。正確無比な点描での描画を印象主義として新たに推し進めたのはジョルジュ・スーラに代表される真印象派の画家たちでありその真印象主義は光を光学理論の下で極めて科学的に点描で表現する美術運動となり、その前段階となる印象派の浪漫派的印象主義とも呼ばれる印象派のタッチは元々感覚的にであるが光を分析的に表現する為のものであったがその有機的なタッチの為に同時に光の持つ熱やその揺らぎとも言うべき情動性をも表現している。

その分割されたタッチで描く為には小さい筆での細かいタッチが向いている。あまり小さ過ぎると点描画になってしまい印象派の様な光と共に時間が流れている様な空間表現にはならず逆に点描画の持つ静寂さや時が止まった様な完全性を表してしまいやすいので、あくまで画面のサイズに対して小さくなり過ぎない程度の細かいタッチの出せる小さい筆を選択する事が肝である。