dorayakiBlog

~絵や興味ある事について書いてます~

世界一高い絵具 天然ウルトラマリンブルー ラピスラズリ(lapis lazuli)について

今まで見た中で一番価格が高い絵具、それはblockx社から発売されている天然のウルトラマリンブルーの油絵具である。20gの小さいチューブの物で127€(ユーロ)で日本円にして約16,500円である。本当に使用されてるかは購入した事がないので確かめようはないが lapis lazuli superior quality とは記載されている。それはさておきフェルメールが「真珠の耳飾りの少女」の少女の青いターバンに使用した高価な絵具として天然のウルトラマリンブルーは有名ではあるので最も高価な絵具なのは間違いないだろう。
絵具の価格の高低は使用されている顔料の種類(又はその質や量等)で決まるので、その高価格の理由はやはり使用されている顔料である天然のウルトラマリンブルー顔料のラピスラズリであるからなのであろう。
ラピスラズリとは青の鉱石(青金石)の天藍石、方解石、黄鉄鉱の混合物。
それらは初め宝石として知られ、中世にはラピスラズリ又は瑠璃と呼ばれる。時代が下ってイタリアでアズルルム・ウルトラマリヌムと呼ばれる。 元々は宝石として用いられていたが6、7世紀より顔料として使われ始めると伝えられる。
東方や中東近辺のオリエント地方よりイタリアのヴェネツィアを経てヨーロッパへ。ウルトラマリンという言葉の海を越えてという意味はこの航海により運搬された事が由来となる。
ヨーロッパでは12,13世紀頃に原石からの生成技術が起こったようである。とても高価で当時は同量の金と売買取引されていた。19世紀になると安価な人工のウルトラマリンブルーが製造され始める。
人工より天然の物の方がやや透明で、透明色となる。透明性が高いので厚塗りには向かず透明に薄く重ねる技法に向いている。屈折率が低いのでテンペラや水彩の方が油より色が明るく鮮やかになる。
ウルトラマリン疾病と言い、酸に対して弱く灰白色に変色する。ウルトラマリンブルー中の遊離硫黄は鉛や銅を含む顔料を黒色化させる。
しかし耐光性はとても強い。耐アルカリ性も強い。

古代の絵画こと油絵においては鉛白が主流であったので白と混ぜる時には鉛白には混ぜずに亜鉛華白と混ぜるていたのだろうか。仮に鉛白と混ぜても高温多湿でなければ特に化学変化は起こっていないと文献にもあるので描画の際の正しい画材の用い方でニスをしっかりと塗り適切に保存すれば極端に黒変化を恐れる必要はない様である。

あとは同社の天然のバーミリオンが同じくらい高かったのを覚えてる。
※追記:シュミンケのムッシーニ油絵具のラピスラズリ35ml ¥12,960が1ml辺りの価格でブロックスの物より高いのを発見した。ただし数年前に300本の限定販売の物ではあるが。

Name:ドラ焼き
今は油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterの@dorayakiArtに近作のイラストもアップしてます。
👇このページの記事をシェアする