dorayakiBlog

PHPでリダイレクトさせる方法

主にwebプログラミングでよく使われるPHPで、自サイトに訪問した閲覧ユーザーを利便性等を鑑みた何らかの理由で別ページに遷移させたい事もあると思います。

例1)
<?php
header("Location: https://www.〇〇〇.com/");
exit;
?>

例2)
<?php
header("Location: ../〇〇〇.html");
exit;
?>

上記の様に、リダイレクトさせたい.php拡張子を持つページのコード内に記述します。例1はURLのアドレスを用いて自身または他のサイトのトップページへ遷移させています。例2は自サイトの最上位のルートディレクトリの一つ下の階層のフォルダ内のリダイレクト元のページから一つ上の階層のリダイレクト先のページに遷移させています。

記述の位置は全てのプログラムコードが実行されていくタイミングの順番の中でリダイレクトさせたい位置に書きます。

header関数の引数として、Locationのパラメータの値にリダイレクト先のURLや自サイトのページのファイル名を技術して渡します。

この様なリダイレクトのプログラムコードの後に実行する必要の無い他のコードが続く事もあるのでexit関数でプログラムを正常終了させてからリダイレクトさせます。