dorayakiBlog

原色、純色について

原色とは、

一般的には赤、青、黄の三色の事。

これは古くからある絵具や染料で作り出す際の混色方法である減法混色における原色である。
近年ではテレビやパソコン等におけるモニター・ディスプレイ上での混色方法である加法混色の原色である赤、青、緑の三色を指す事もある。

他の色の混色で作り出せない色。またはそれら二つ無いし三つの色の混合で全ての色が"理論上"作る事が可能とされる色。

絵具ではなかなか完全な赤青黄色の原色を実現している色は少なく色相環で見た時に暖色か寒色に色が寄っていて純然たる原色とは少し異なる。
それより広い範囲である純色は、
各色相で最大の彩度を持つ色、と指す色の幅が広くなる。