dorayakiBlog

~絵や興味ある事について書いてます~

スフマート 絵画技法

スフマート(sfumato)とは、境界をはっきりとした輪郭線でなくぼかしてぼやけた風に描く事を絵画技法では指す。レオナルドダヴィンチ、特にモナリザでその技法は有名である。主に油絵具の技法としてよく耳にする。

物理的に言うと、Aの色の絵具とBの色の絵具を並べて置いてその境界をブレンディング(混色)してグラデーションになる様にする。そのグラデーションの幅が大きくなるとスフマートが大きくなる。
スカンブル又はグレーズ技法なら片ぼかし風に、Aの色の絵具から透明に、と出来る。

色の塗り方としてアラプリマスカンブルグレーズなどやり方は色々あるがスフマートが出来るならばどれでも可能である。

油絵具なら、単純に混ぜるだけでそれだけでも可能だ。乾性油分を増やせばさらに混ざりやすくなる。絵具がびしゃびしゃの液状よりある程度硬流体の方がスフマートしやすいので、スタンドオイル+樹脂(ベネチアテレピン等)を絵具の調合液として使用するのがスフマートに向いている。
ぼかすのには乾きが遅い方が向いている事もある。なので堅牢性が少ないポピーオイル+補強する乾性油又は少量の樹脂の組み合わせが良い。

Name:ドラ焼き
今は油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterの@dorayakiArtに近作のイラストもアップしてます。
👇このページの記事をシェアする