dorayakiBlog

~興味ある事について書いてます~

なぜ絵の他に文を書くか

いちばん最初に書くべきはこれだろう。
絵で表現できない部分もあるから、というのが自分の結論。
自分の表現したい事ができるかどうかの性質の差にあると考える。しかし表現手段・探究手段としての「絵」は他のモノに変え難いという前提のもと考えてみる。

文字だけでなく絵画や音楽にも独自の言語体系の絵画言語、音楽言語がある。

「感覚に訴える」という事や、絵画などを理論化した批評、作品から読み取れる作者の思想・哲学・論理・技法論や、そのバックグラウンドなどが言語を作る。それらの独自言語も適用させれば、どんなものでもモチーフにする事は可能だ。しかし何でもできるは何にもできないの言葉のように、深化・特化させてこそだと考える。そしてそれを描く。描くに至らしめる理由・こだわりがあってこそ作者の特性をより強調際立たせる。もちろん自然体からにじみ出るものもある。しかしほんの少し核となる意図が技術や作品のなかにあっても良いのではないかと考える。それがテーマをというものか。
ただ野放図に描いても良い人生を生き切ったとするならそれもありで最高の絵描き人生だ。
しかし個人的にはこの世界に在りかつ含まれるこの探究手段を通じて、私たちやあらゆる物がここに在る理由の本質つまり根本的な「核」を、たぶん答えはこの宇宙の寿命からすると小さ過ぎてこの自分からは出せないだろうが、その核に触れひとつの作品として具現化できるとは考える。だから小さくとも核となるコンセプトを自分は考えてみたい。
(ピカソは何度も手段を変えたけど、自覚さえあればそれもスタイル。流転するおのれを写すのもまた一興なんてのもあり。変わらない彼の姿もまた感じる。まだ自分には隠れたテーマが見えてないだけかもしれないし)

なので、自分の表現手段や研究テーマはなるべくひとつふたつにしぼる。一点集中。でも、取り入れられるものは何でも吸収するしテーマに転化するのが良いのかと。やりたい事というか探究したい事が見つかれば、あとは目指したところへ向かって飛んでか、潜ってか、いろいろ突き進んでいけばいいと思うのです。

しかしであるならば絵など描かず、文筆活動か画家活動かにいそしめば良いように思う。しかし独自仕様に特化した絵画言語は自分にとって最高なのだけど、絵画以外の面で、日々において取りこぼすものもあると感じ、筆をとる、ならぬテキストエディタを起動してみました。
ITの進化、消費増税?等々なんかは絵にしようがなくはないけどむずかしい。それを絵にしてこそ絵描きという考え方もあるかもですが、自分は物の存在をテーマに絵を描きたい。が少し他にも気になることも出てきた。今になって。それらをモチーフにしたいと考えた時そのツールもしくは画材は文であり言葉でありなのかなぁ、と。絵でのテーマを絞り込めたのもある。個人的には絵には絵自身の事は語れないような気がする。それこそが絵の最大の長所でもあると考えている。絵の自律性をどう考えるかにもよるが。

とはいえゲームをやってるより生産的かと(自分の場合。でもそれはそれでその瞬間は楽しい)。趣味のひとつにも、タイピングの練習にも、作者と鑑賞者がつくるコミュニケーションである絵の上でも(どちらの立場になったそしてもそれは活きる)、伝えるという事の練習にもなりますし。



余談)
絵画言語を用いて絵画自身のファンを増やすことも大事です。とはいえ当たり前だけど文字言語のほうがユーザーのシェアが大きいですし、全ての人の共通言語である文字言語を用いることもきっとその助けになるでしょう。
音楽言語はそのへんのハードルが比較的低いように考える(そうじゃなかったらごめんなさい)。歌であればまず文字言語である歌詞でこころに訴えられるし、歌詞のないクラシックやインストゥルメンタルもメロディで作品の背景や音楽理論を知らなくても感覚の部分ですっと受け入れやすい。リズムだけでも感情をゆりうごかす。しかし文字言語との親和性はどうなのだろう?歌は見事にフィットしている。現代音楽は純粋性を目指してたりでその辺を排除してたりいろいろあるにせよ。小説と挿絵、絵本なども言葉と絵の競作が成立している。ただ絵画に文字はなかなか入れずらい。

絵は分からないからという人もいるけど、本来は絵画も感覚をもってすっと入れればいいんじゃないかと考える。知識をもって絵に接するのもおもしろいのだけど情報が少なくても素直に感じる感覚を楽しめばいいし、その絵の背景や作者の考えを創造すると知らない絵あっても楽しい。好き嫌いでもかまわないし、好悪は置いておいてなぜこの作品を作ったのだろうと想像してみたり。自分も意識すれば他ジャンルであってもそんな風に見れる。時もある。共鳴するような感覚を持てれば良いかなと考える。
そのうえで興味があれば、その作家の技法や背景、その理論なんか学べば自然とその世界に入っていけるんじゃないだろうか。でもなにかが邪魔してるような気がして。教育か、社会システムか、はたまた。

言葉で補完することも大事だし、言葉にしかできないこともあるし、まさに「言葉にできない」こともあるしそのへんの認識の区別をはっきりさせて、絵も日常も過ごせたら効率2分の一でなく2倍の相乗効果になるんじゃないかな。絵画ライフにおいても、他の分野でも。自然言語もプログラミング言語も絵画言語も音楽言語も、言語体系は偉大な発明で遺産だと強く実感しました。

というわけでちょろちょろ更新しますので、よろしくお願いします。

カテゴリ別記事一覧
・絵画技法
ポワンティエという絵画技法
ポワンティエの仕組みについて
アラプリマ技法のコツ
スカンブル技法
グレーズ(グレージング)技法
スフマート技法
グリザイユ画法
インプリマトゥーラ
ファットオーバーリーン
ウェットインウェット
スパッタリング
絵の耐用年数
絵の耐久力
絵や印刷物の保存方法
絵具のつや消し
つや消しの絵具
つや消しの原理
つや消しの絵が好まれる理由
絵を描く姿勢
絵の描き方とは
黒い物体の描き方
補色対比を利用した描き方
透視図法とは
彩色について
陰影のつき方
・水彩、アクリル絵具、他
アクリル絵具の特徴
アクリル絵具の道具
アクリル絵具を使う時に気をつけたい事
アクリル絵具の弱点
アクリル絵具を落とす方法
アクリル画に必要な道具
アクリルニスの塗り方
水彩画の絵やイラストをうまく描くコツ・方法
アルキド樹脂絵具について
・油彩
油絵を描く道具
乾燥促進剤の種類
樹脂ワニスの種類
乾性油の種類
画用液の調合の方法
揮発性油の種類
油絵を描く時の臭い
シルバーホワイトという絵具
シルバーホワイトとチタニウムホワイトを混ぜる
混色制限の無いウルトラマリンブルー
油絵具で紙に描く方法
油絵用の画用紙
紙に油絵具で描く
油絵専用画用紙アルシュオイルパッドについて
油絵の具でイラストを描く
油絵具を速く乾燥させるには
油絵の臭いを減らして描く
油彩筆の洗い方
グレーズの画用液について
スタンドオイルやベネチアテレピンについて
ブラックオイル(クサカベ)のレビュー
ストロングメディウム
高品位油絵具ヴェルネ 使用感
樹脂油絵具について
・画家
フェルメールブルー
印象派モネの技法
印象派ルノワールの技法
ハマスホイについて
「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで - 技法面で気になった部分について -
・美術
画家は長生きなのか?
絵はお金のかからない趣味なのか?
画家の映画
5分で分かるざっくり西洋美術史
鉛筆の硬度Fとデッサンなどでの用途
下手も絵のうち について
心が哭くという事 芸術創作の動機
絵を描くときの眼の使い方
仕事しながらの創作について
美術館でのマナーについて
よく行く画材屋について
百均の絵具
チタニウムホワイトの特徴
ビスマスイエローの特徴
紙パレットの利点
空はなぜ青い
天然の軟毛筆について
筆の置きどころ
アートは必要ないか
アート(芸術)とは何なのか?を考える
美術の授業は必要なのか
コロナ禍の美術鑑賞
絵の飾り方
絵の行き着く場所
アナログ画材・アナログ絵具の良い点
デジタル画材の良い点
・ウェブ・IT
NTTドコモの新料金プランのahamo(アハモ)にしない理由
スマホアプリのデジタルデトックス
Twitterでサムネイル画像を真ん中に調整する方法
レスポンシブウェブサイトの作り方
スマホはサブブランドに脱出せよ
スマホゲーム(ソシャゲ)は高過ぎる
UQモバイルへの移行費用
simロック解除の方法
mnp(ナンバーポータビリティ)の方法
スマホ・携帯ショップでタブレット契約した時の何か騙され感のある話
スマホの料金が高いのでauからUQモバイルに変えた
買い切りアプリゲームについて
スマホ依存症・中毒にならない為に
photoshop for ipad を試してみた
マイナーなジャンルなブログの描き進め方
自分のサイトの表示速度を測る方法
i pad 電源がつかない時の対処法
パソコン配布27万円について
スマホ用VRゴーグル(簡易版)を買ってみた
ながらスマホについて
iphoneのメモ帳の活用
一般人はプログラミングを学習する必要があるのか?
人はAIに仕事を奪われるのか
Amazon web servide EC2 に FTP で接続できなくなってしまったので
リファラーのアクセスを制限する
Googleへのクローラ巡回のリクエストとその拒否
Google Earth Pro を試す
Google Earth Pro を試す 追補
プログラミングをはじめたきっかけ
プログラミング言語は何から始めるかについて
一般の人が最初に実用として、どのプログラミング言語を学んだほうが良いのか
Webデザインで風流な縦書きを
iPhoneの使いみち 私の場合
Java servlet をAWS Amazon EC2 にアップロードする流れ
スキューアモーフィズムとフラットデザイン
スマートフォン等のサイトデザイン
・生活
フリーランスは国民年金基金に加入した方が良い
クレジットカードで家計簿
温かい飲み物を買わない
しみ込みチョコパフについて
依存症の原因とは
生きる意味とは?について
ペットボトルは買うな
突然の訪問は少し怖い
風邪をひかない方法
サンシェードの日除けの効果
なぜ人は隅に座るか(電車や席など)
一人遊びの才能
あいさつする意味
好きな事を仕事にしたほうがいいと思う理由
クリエイターと消費税
楽に掃除する方法
持たない手ぶら生活
イノベーションはどこにある
伝記を読む意義

Name:ドラ焼き
今は油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterにて近作のイラストもアップしてます。アカウント:@dorayakiArt
アート作品はこちら ウェブギャラリー:dorayakiArt Gallery
👇このページの記事をシェアする