dorayakiBlog

~興味ある事について書いてます~

文を書く時に気を付けたい事

それは大きな流れを細かいリズムで書くようにする事。

普段の生活だとそれが生業でもないかぎり個人的な文章を書く事はない。それでも十数個の文を書いてみた。今のところテーマについてはストックがたまるほど浮かぶ。構成も決めておいたテンプレートを臨機応変に使えばまとめられる。そして特に気をつけたいと思ったのは、リズムについてである。

ビジネス等の公の文書においては、意識しなくとも伝える必要のある事柄だけを簡潔にまとめる。ひととおりのリズムは生まれる。事務的そして機械的に。

ただ、感情が絡むとそうもいかない。

実生活の文章で言えば、日記が感情が露わになる最たるものだと考える。手紙や作文は相手が存在するので日記よりは抑えめになる。
インターネット媒体で言うと、企業や技術系を除く個人のホームページやブログ・SNSなどがある。そこでの相手の存在に対する意識は人それぞれだが個人のみの日記ほどの感情の表出はない。しかしそれらインターネット媒体においても論文のように客観的事実に基づいて見解を述べる事もあるが、わざわざサイトを立ててまで伝えたい事があるのだから個人の想いや感情がからむのは当然だ。むしろそれがある程度許される場所だと思う。

日記と営業報告の違いは、業務と私事という表面的な違いこそあるが、感情の表出にある。

営業報告で感情表現していたら主観が事実を遠ざける事もある。まず読みづらい。
かと言って、
日記でその日の事実だけを事務的に箇条書き、というのも記録・ログを残す意味では有意義ではある。しかしもし、同じ場所や事や物を共有した人がいればいるほど、その事実のログだけでは、その人らしさが中々見えてこない。書体にもその人が表れるが、それにおいてもその人間がどう関わるかなのだ。書体を選ぶ動機やそれを用いて表すモチーフへの対し方など。同じ何かを経験しても、何を感じ何を思い何を考えたか、こそがその人自身なのだから。だから事実の記録だけでは味気ない。そのときこそ主観が大切だ。

しかし主観的になるならば、ひとつの文つまり句点までが長くなりがちだ。そして読点で過剰に繋げ長くしてしまう。それは書きながらゼロから考えるからだ。文全体の構成にも言える。仕事の報告や小説や論文でないのだからある程度の構成は決めておいて、完全に下書きそれから清書、まではしなくても良いと思う。ほんの少しゼロから主観を遊ばせる余地を残しておくと良い。

全体の大きな段落の構成と流れを決め、
主観を入れるスペース、
客観で固める部分、
を決めてテーマと想いを流し込むくらいの比率が人間味のある文になるのではないか。徹頭徹尾に一貫した論理も素晴らしいが固すぎでは読みづらい。ゆるゆるでも細くひとつしっかり芯が通るくらいがちょうど良い。でなければいずれ機械に奪われる。そういう人間にしかできない仕事でないならば。データを並べるだけでなくそこから新たな解を導く右脳的な。

段落の間隔を改行で空けるのも読みやすくリズムを作る。
そして内容が充分固めまった上で、リズムと文字による音を作る。
文を読んだ際の響き、韻のような。俳句の語感のような。
まず文を短めに切る。句点がテンポを作る。読点も効果的だが続くと文の容量が大きくなる。そして長文になると処理が遅れがちになる。なので文に対して脳が短い処理で済まさられる様に短く切ると読みやすい。文の流れをメロディーとするなら短い文の集まりは細かいビートになる。やり方によってはロックと民謡くらい差が出る。
(近年の人気の曲は緩やかなメロディーでかつリズムが速い。)

そうする事で、書き手も書きたい事をしっかりした型に想いを乗せて分かりやすく書け、読み手においても長文でもリズムをもってすらすら読める。

昔ブログを書いて挫折したのは、この事が分かってなかったからだと思う。

上手いひとのブログやプロの文章は流れが途切れる事が少ない。
それは話の流れの進め方とリズムにあると自分は考えている。

意味をもって短く文を切る、
大きい一つの流れの中で短い文のリズムでビートを刻む、
文を良く伝える方法のひとつとして実現したい。

まだ書き始めて日も浅いので、気づいたらまた文の書き方について書きたい。

修練あるのみ!
頭と心も使いつつ!

カテゴリ別記事一覧
・絵画技法
ポワンティエという絵画技法
ポワンティエの仕組みについて
アラプリマ技法のコツ
スカンブル技法
グレーズ(グレージング)技法
スフマート技法
グリザイユ画法
インプリマトゥーラ
ファットオーバーリーン
ウェットインウェット
スパッタリング
絵の耐用年数
絵の耐久力
絵や印刷物の保存方法
絵具のつや消し
つや消しの絵具
つや消しの原理
つや消しの絵が好まれる理由
絵を描く姿勢
絵の描き方とは
黒い物体の描き方
補色対比を利用した描き方
透視図法とは
彩色について
陰影のつき方
・水彩、アクリル絵具、他
アクリル絵具の特徴
アクリル絵具の道具
アクリル絵具を使う時に気をつけたい事
アクリル絵具の弱点
アクリル絵具を落とす方法
アクリル画に必要な道具
アクリルニスの塗り方
水彩画の絵やイラストをうまく描くコツ・方法
アルキド樹脂絵具について
・油彩
油絵を描く道具
乾燥促進剤の種類
樹脂ワニスの種類
乾性油の種類
画用液の調合の方法
揮発性油の種類
油絵を描く時の臭い
シルバーホワイトという絵具
シルバーホワイトとチタニウムホワイトを混ぜる
混色制限の無いウルトラマリンブルー
油絵具で紙に描く方法
油絵用の画用紙
紙に油絵具で描く
油絵専用画用紙アルシュオイルパッドについて
油絵の具でイラストを描く
油絵具を速く乾燥させるには
油絵の臭いを減らして描く
油彩筆の洗い方
グレーズの画用液について
スタンドオイルやベネチアテレピンについて
ブラックオイル(クサカベ)のレビュー
ストロングメディウム
高品位油絵具ヴェルネ 使用感
樹脂油絵具について
・画家
フェルメールブルー
印象派モネの技法
印象派ルノワールの技法
ハマスホイについて
「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで - 技法面で気になった部分について -
・美術
画家は長生きなのか?
絵はお金のかからない趣味なのか?
画家の映画
5分で分かるざっくり西洋美術史
鉛筆の硬度Fとデッサンなどでの用途
下手も絵のうち について
心が哭くという事 芸術創作の動機
絵を描くときの眼の使い方
仕事しながらの創作について
美術館でのマナーについて
よく行く画材屋について
百均の絵具
チタニウムホワイトの特徴
ビスマスイエローの特徴
紙パレットの利点
空はなぜ青い
天然の軟毛筆について
筆の置きどころ
アートは必要ないか
アート(芸術)とは何なのか?を考える
美術の授業は必要なのか
コロナ禍の美術鑑賞
絵の飾り方
絵の行き着く場所
アナログ画材・アナログ絵具の良い点
デジタル画材の良い点
・ウェブ・IT
NTTドコモの新料金プランのahamo(アハモ)にしない理由
スマホアプリのデジタルデトックス
Twitterでサムネイル画像を真ん中に調整する方法
レスポンシブウェブサイトの作り方
スマホはサブブランドに脱出せよ
スマホゲーム(ソシャゲ)は高過ぎる
UQモバイルへの移行費用
simロック解除の方法
mnp(ナンバーポータビリティ)の方法
スマホ・携帯ショップでタブレット契約した時の何か騙され感のある話
スマホの料金が高いのでauからUQモバイルに変えた
買い切りアプリゲームについて
スマホ依存症・中毒にならない為に
photoshop for ipad を試してみた
マイナーなジャンルなブログの描き進め方
自分のサイトの表示速度を測る方法
i pad 電源がつかない時の対処法
パソコン配布27万円について
スマホ用VRゴーグル(簡易版)を買ってみた
ながらスマホについて
iphoneのメモ帳の活用
一般人はプログラミングを学習する必要があるのか?
人はAIに仕事を奪われるのか
Amazon web servide EC2 に FTP で接続できなくなってしまったので
リファラーのアクセスを制限する
Googleへのクローラ巡回のリクエストとその拒否
Google Earth Pro を試す
Google Earth Pro を試す 追補
プログラミングをはじめたきっかけ
プログラミング言語は何から始めるかについて
一般の人が最初に実用として、どのプログラミング言語を学んだほうが良いのか
Webデザインで風流な縦書きを
iPhoneの使いみち 私の場合
Java servlet をAWS Amazon EC2 にアップロードする流れ
スキューアモーフィズムとフラットデザイン
スマートフォン等のサイトデザイン
・生活
フリーランスは国民年金基金に加入した方が良い
クレジットカードで家計簿
温かい飲み物を買わない
しみ込みチョコパフについて
依存症の原因とは
生きる意味とは?について
ペットボトルは買うな
突然の訪問は少し怖い
風邪をひかない方法
サンシェードの日除けの効果
なぜ人は隅に座るか(電車や席など)
一人遊びの才能
あいさつする意味
好きな事を仕事にしたほうがいいと思う理由
クリエイターと消費税
楽に掃除する方法
持たない手ぶら生活
イノベーションはどこにある
伝記を読む意義

Name:ドラ焼き
今は油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterにて近作のイラストもアップしてます。アカウント:@dorayakiArt
アート作品はこちら ウェブギャラリー:dorayakiArt Gallery
👇このページの記事をシェアする