dorayakiBlog

~興味ある事について書いてます~

アクリル絵の具を使う理由②

アクリル絵具を使うふたつ目の理由は、

乾燥後の絵具の皮膜の質感にある。表面の材質感、マチエールとも言い換えられる。

絵描きは意識的にしろ無意識的にしろ自分に最も合うマチエールを選択・追求する。ざらざらした粗い、光沢のあるつるつるした、しっとりとした深い、など個人によって違い、色彩や構図の選択傾向よりも複雑でさらに多い。色彩感覚が寒い地域と温暖な地域で違う傾向があるように、生まれ育った環境によって形成されるように考えられる。

そういうこともあってなのか、いつも定型として知っていた絵具に違和感を感じていたので、他の既成の絵具を試したり、安定性や耐久性を考慮しながら自らメディウムを顔料や絵具と練り合わせて数年前まで研究していた。

いろいろ試した結果、艶のないマットなアクリル絵具が自身の求めるマチエールと合った。同時に次いで求める耐久性も得られた。
艶消しのアクリル絵具のひとつに不透明のもので、アクリル絵具とガッシュという不透明水彩絵具との、合いの子である発色の綺麗なアクリルガッシュという絵具がある。しかしアクリルガッシュではメディウムが少なく顔料がむき出しに近く表面に傷が付きやすいので、それではなく通常のアクリル絵具に艶消し剤を調合した、強い耐久性と顔料が多く質の良いアクリル絵具を用いる事にした。幸いにも市販の専門家用絵具と艶消しの調合剤の組合せを調整して用いる事で実現できた。

油絵具を除いた他の絵具ではいささか物足りなさや違和感を感じた。日本画は専門外なので何とも言えない。
あくまで個人的な感じ方なのだが、
通常のアクリル絵具では艶と深みがやや多く、それらを含めたその皮膜のマチエールは水の屈折率のように透明でしかしやや冷たく人工的と感じた。とてもソリッドな。 油絵具はその力強さや耐久性に今も惹かれるが、皮膜の持つマチエールの深みや艶がアクリルとは逆に熱く苦しく感じられた。それは油の屈折率による水とはまた違った透明性のなせる深みだと考えている。逆にそのような地の底からうねるようなパワーが魅力なのだろう。
そう感じられたのは自身のマチエールに反していたからだと考える。心と行動が矛盾を起こしていたからだ。他者の絵を見る分にはその違和感は起こらない。
アクリルガッシュではない市販の通常の艶消しアクリル絵具もあったが、これもやや人工的な深みを残すと感じた。人工的が悪いのではないがその部分が少し目立つほどの強さを感じた。
油絵具に艶消し調合剤を用いても艶は抑えられるが燃えるような深みは変わらずだった。しかし通常のアクリル絵具をメディウムが顔料を包み適度な耐久性を得る程度の適度で自然の艶消しに、そして半不透明に微調整することにより冷たい水というよりは熱くも冷たくもない水、もしくは空気のような自然さ、もしくは色だけの艶や深みの物性の少ない中立の状態になった。

心ではモヤモヤと分かっていたのだが、空気のような自然に感じられるマチエールと試行錯誤に耐えてくれるタフさを求めていた事をこの時に言語化出来るほどはっきり理解した。後述するがこの事は三つ目の理由とリンクする。
心と行動が矛盾していると120%の力が出せないように、表現の為に自身が使用するマチエールへの違和感を解決し一致させる最適な絵具を探る必要があった。

その解が独自に微調整したアクリル絵具にあったのが二つ目の理由だ。

またまた長くなるので③に続きます→


※ 特に油絵具から感じられるマチエールの感覚は、西洋よりも描画材や生活において油というものを使う習慣が少なかった日本人のDNAに起因する気もする。もちろん自身の環境も。とはいえ油絵具を嗜好する人もいるのでその限りとも言えない。ファーストコンタクトで好きになる人もいるだろうし、慣れや習熟でそれをベストと感じる人もいるだろう。しかし技法の手順や使用後の後片付けや作品の管理などの難しさ・煩雑さ等の理由ではなく、そのようなマチエールや素材の材質感に対し似た理由で他の画材を選択する人もいる。それを魅力と感じるか避けるかに良し悪しがあるわけではないが。

アクリル絵具を使う理由③

カテゴリ別記事一覧

・絵画技法
ポワンティエという絵画技法
ポワンティエの仕組みについて
アラプリマ技法のコツ
スカンブル技法
グレーズ(グレージング)技法
スフマート技法
グリザイユ画法
インプリマトゥーラ
ファットオーバーリーン
ウェットインウェット
スパッタリング
絵の耐用年数
絵の耐久力
絵や印刷物の保存方法
絵具のつや消し
つや消しの絵具
つや消しの原理
つや消しの絵が好まれる理由
絵を描く姿勢
絵の描き方とは
黒い物体の描き方
補色対比を利用した描き方
透視図法とは
点描について
彩色について
陰影のつき方

・水彩、アクリル絵具、他
アクリル絵具の特徴
アクリル絵具の道具
アクリル絵具を使う時に気をつけたい事
アクリル絵具の弱点
アクリル絵具を落とす方法
アクリル画に必要な道具
アクリルニスの塗り方
水彩画の絵やイラストをうまく描くコツ・方法
アルキド樹脂絵具について

・油彩
油絵を描く道具
乾燥促進剤の種類
樹脂ワニスの種類
乾性油の種類
画用液の調合の方法
揮発性油の種類
油絵を描く時の臭い
シルバーホワイトという絵具
シルバーホワイトとチタニウムホワイトを混ぜる
混色制限の無いウルトラマリンブルー
油絵具で紙に描く方法
油絵用の画用紙
紙に油絵具で描く
油絵専用画用紙アルシュオイルパッドについて
油絵の具でイラストを描く
油絵具を速く乾燥させるには
油絵の臭いを減らして描く
油彩筆の洗い方
グレーズの画用液について
スタンドオイルやベネチアテレピンについて
ブラックオイル(クサカベ)のレビュー
ストロングメディウム
高品位油絵具ヴェルネ 使用感
樹脂油絵具について

・画家
フェルメールブルー
印象派モネの技法
印象派ルノワールの技法
ハマスホイについて
「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで - 技法面で気になった部分について -

・美術
画家は長生きなのか?
絵はお金のかからない趣味なのか?
画家の映画
5分で分かるざっくり西洋美術史
鉛筆の硬度Fとデッサンなどでの用途
下手も絵のうち について
心が哭くという事 芸術創作の動機
絵を描くときの眼の使い方
仕事しながらの創作について
美術館でのマナーについて
よく行く画材屋について
百均の絵具
チタニウムホワイトの特徴
ビスマスイエローの特徴
紙パレットの利点
空はなぜ青い
天然の軟毛筆について
筆の置きどころ
アートは必要ないか
アート(芸術)とは何なのか?を考える
美術の授業は必要なのか
コロナ禍の美術鑑賞
絵の飾り方
絵の行き着く場所
アナログ画材・アナログ絵具の良い点
デジタル画材の良い点

・ウェブ・IT
NTTドコモの新料金プランのahamo(アハモ)にしない理由
スマホアプリのデジタルデトックス
Twitterでサムネイル画像を真ん中に調整する方法
レスポンシブウェブサイトの作り方
スマホはサブブランドに脱出せよ
スマホゲーム(ソシャゲ)は高過ぎる
UQモバイルへの移行費用
simロック解除の方法
mnp(ナンバーポータビリティ)の方法
スマホ・携帯ショップでタブレット契約した時の何か騙され感のある話
スマホの料金が高いのでauからUQモバイルに変えた
買い切りアプリゲームについて
スマホ依存症・中毒にならない為に
photoshop for ipad を試してみた
マイナーなジャンルなブログの描き進め方
自分のサイトの表示速度を測る方法
i pad 電源がつかない時の対処法
パソコン配布27万円について
スマホ用VRゴーグル(簡易版)を買ってみた
ながらスマホについて
iphoneのメモ帳の活用
一般人はプログラミングを学習する必要があるのか?
人はAIに仕事を奪われるのか
Amazon web servide EC2 に FTP で接続できなくなってしまったので
リファラーのアクセスを制限する
Googleへのクローラ巡回のリクエストとその拒否
Google Earth Pro を試す
Google Earth Pro を試す 追補
プログラミングをはじめたきっかけ
プログラミング言語は何から始めるかについて
一般の人が最初に実用として、どのプログラミング言語を学んだほうが良いのか
Webデザインで風流な縦書きを
iPhoneの使いみち 私の場合
Java servlet をAWS Amazon EC2 にアップロードする流れ
スキューアモーフィズムとフラットデザイン
スマートフォン等のサイトデザイン

・生活
フリーランスは国民年金基金に加入した方が良い
クレジットカードで家計簿
温かい飲み物を買わない
しみ込みチョコパフについて
依存症の原因とは
生きる意味とは?について
ペットボトルは買うな
突然の訪問は少し怖い
風邪をひかない方法
サンシェードの日除けの効果
なぜ人は隅に座るか(電車や席など)
一人遊びの才能
あいさつする意味
好きな事を仕事にしたほうがいいと思う理由
クリエイターと消費税
楽に掃除する方法
持たない手ぶら生活
イノベーションはどこにある
伝記を読む意義

Name:ドラ焼き
油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterにてイラストもアップしてます。アカウント:@dorayakiArt
webギャラリー:dorayakiArt Gallery
👇このページの記事をシェアできます