dorayakiBlog

~興味ある事について書いてます~

絵の見方

絵の見方について考える。

絵の見方がわからないという声を聞く事がある。そのときの絵というのはたいてい美術館や画廊などの絵の事を言っていると判断する。デザインやイラストや漫画の事ではないだろう。漫画の絵や雑誌のイラストやプロダクトのデザイン等において分からないと悩む人はあまりお目にかからない。それらは自然に享受されている。なので、ここでは住居などの空間や美術館や画廊などで壁面展示される絵として考える。

絵の見方は一つに定義されてない、と言える。人により様々な見方が、その人と絵との間に生まれる。
それは人生において、この世界と接する時、接するその人の「人生」という独自の眼もしくはフィルターを通してこの世界を見る事により、この世界とその人との関係、つまりこの世界における人類のひとかけらであり二つとないピースであるその人独自の生涯が形成されていく。その事と同じだと考える。それは絵だけでなく他の全てに通じる。絵と絵を見るあなたとの関係が大切なのだと考える。
だから自由に鑑賞すれば良い。 とはいえ、そのように言ってしまうと身も蓋もない。

なので精神的な部分での見方は一つに定義できないにしても、物理的もしくは知識的な部分での見方を共通化できそうな見方で考えてみたい。その共通化した見方から各人の精神的な見方を形成すれば良いと考える。
とはいえそんなに小難しくはなく、主に二つ提案する。

①ひとつは、絵の時代背景を知って見る。

いわゆる美術の歴史の文脈を知る。美術史、加えて社会情勢などの全体の歴史。余計な先入観を持たないで見るのも大切だ。しかしそれで退屈になってしまうのなら本末転倒なので、事前に調べたり絵の注釈として館内に説明があればそれを読んでみる。仮にわからない絵であっても、どんな人物がどんな時代背景の中どんな気持ちで描いたのか等を考えてみる。

②ふたつ目は、距離で見方を変えて見る。

近距離、中距離、遠距離と。
約30cm〜1m四方の絵のならば、
およそ1.5mの立ち位置を正位置として見る。ここを中距離とする。

a.中距離では、絵描きが見る人を想定しメッセージの伝達のために設定した効果を楽しめる距離である。メインの距離でもある。
細部よりも全体のストーリー、構図、色彩調和、作者の意図などその作品のメッセージに集中してみる。
この距離で位置を変えず眼のズームアップとズームアウトだけで、大きく絵を俯瞰したり、細部に戻ったり。それを繰り返す。
作者と共に見る、創り上げる、音楽などのライブのような感覚である。

b.そして近距離では、タッチや絵具などの素材の扱いや細部の工夫などから、作者の息吹を感じる事ができる。約50cm〜1m。
細かい描き込みや筆と絵具のマチエールに圧倒されたりしてみる。タッチの激しい絵描きの絵ならば、より絵の前に立っていた彼、彼女がはっきりと今も見えるだろう。

c.遠距離では、作者の意図から始まる感覚的な作者との主観的な対話空間から離れ、客観的かつ冷静に知識などと照らし合わせながら、絵を、そしてそれを見た自分を分析してみる。他の絵と比較しつつ見ても面白い。約2m以上。


立ち位置のそれらを繰り返し、絵を味わう。そして同時に各立ち位置と前後するその時は周りに迷惑がかからない様に配慮する。一般的に立ち位置については、絵描きも近づいては描き込み、遠く離れては確認分析し、中距離では鑑賞者としての自分となりシミュレーションしながら描く。その事も鑑賞時に追体験のシミュレーションをしても面白い。

これらは見方のひとつなので、ぜひご自身で開発してみてください。楽しさがさらに広がると考えます。

加えて言えば、作者に直接作品のコンセプトを聞ければ、なお良い。これは古典の作品では味わえない、存命する作家の作品ならではのメリットである。

あまり混雑していない施設のほうが向いていると考える。絵と静かに向かいあうためには。

*展示物には触れないでくださいという施設も多いので気をつけて下さい、特に近距離では。
筆記具なども不可な施設もあるのが残念だが。特に日本は厳しいらしい。美術館などでは特に。どちらかというと教育よりも保管の観点で、という意味があるらしい。古典絵画の模写が不可なのはその点にあると聞く。

しかし、是非ともマナーとともにその施設の指示に従いつつ、楽しんで絵を見て欲しいと考えます。

カテゴリ別記事一覧
・絵画技法
ポワンティエという絵画技法
ポワンティエの仕組みについて
アラプリマ技法のコツ
スカンブル技法
グレーズ(グレージング)技法
スフマート技法
グリザイユ画法
インプリマトゥーラ
ファットオーバーリーン
ウェットインウェット
スパッタリング
絵の耐用年数
絵の耐久力
絵や印刷物の保存方法
絵具のつや消し
つや消しの絵具
つや消しの原理
つや消しの絵が好まれる理由
絵を描く姿勢
絵の描き方とは
黒い物体の描き方
補色対比を利用した描き方
透視図法とは
彩色について
陰影のつき方
・水彩、アクリル絵具、他
アクリル絵具の特徴
アクリル絵具の道具
アクリル絵具を使う時に気をつけたい事
アクリル絵具の弱点
アクリル絵具を落とす方法
アクリル画に必要な道具
アクリルニスの塗り方
水彩画の絵やイラストをうまく描くコツ・方法
アルキド樹脂絵具について
・油彩
油絵を描く道具
乾燥促進剤の種類
樹脂ワニスの種類
乾性油の種類
画用液の調合の方法
揮発性油の種類
油絵を描く時の臭い
シルバーホワイトという絵具
シルバーホワイトとチタニウムホワイトを混ぜる
混色制限の無いウルトラマリンブルー
油絵具で紙に描く方法
油絵用の画用紙
紙に油絵具で描く
油絵専用画用紙アルシュオイルパッドについて
油絵の具でイラストを描く
油絵具を速く乾燥させるには
油絵の臭いを減らして描く
油彩筆の洗い方
グレーズの画用液について
スタンドオイルやベネチアテレピンについて
ブラックオイル(クサカベ)のレビュー
ストロングメディウム
高品位油絵具ヴェルネ 使用感
樹脂油絵具について
・画家
フェルメールブルー
印象派モネの技法
印象派ルノワールの技法
ハマスホイについて
「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで - 技法面で気になった部分について -
・美術
画家は長生きなのか?
絵はお金のかからない趣味なのか?
画家の映画
5分で分かるざっくり西洋美術史
鉛筆の硬度Fとデッサンなどでの用途
下手も絵のうち について
心が哭くという事 芸術創作の動機
絵を描くときの眼の使い方
仕事しながらの創作について
美術館でのマナーについて
よく行く画材屋について
百均の絵具
チタニウムホワイトの特徴
ビスマスイエローの特徴
紙パレットの利点
空はなぜ青い
天然の軟毛筆について
筆の置きどころ
アートは必要ないか
アート(芸術)とは何なのか?を考える
美術の授業は必要なのか
コロナ禍の美術鑑賞
絵の飾り方
絵の行き着く場所
アナログ画材・アナログ絵具の良い点
デジタル画材の良い点
・ウェブ・IT
NTTドコモの新料金プランのahamo(アハモ)にしない理由
スマホアプリのデジタルデトックス
Twitterでサムネイル画像を真ん中に調整する方法
レスポンシブウェブサイトの作り方
スマホはサブブランドに脱出せよ
スマホゲーム(ソシャゲ)は高過ぎる
UQモバイルへの移行費用
simロック解除の方法
mnp(ナンバーポータビリティ)の方法
スマホ・携帯ショップでタブレット契約した時の何か騙され感のある話
スマホの料金が高いのでauからUQモバイルに変えた
買い切りアプリゲームについて
スマホ依存症・中毒にならない為に
photoshop for ipad を試してみた
マイナーなジャンルなブログの描き進め方
自分のサイトの表示速度を測る方法
i pad 電源がつかない時の対処法
パソコン配布27万円について
スマホ用VRゴーグル(簡易版)を買ってみた
ながらスマホについて
iphoneのメモ帳の活用
一般人はプログラミングを学習する必要があるのか?
人はAIに仕事を奪われるのか
Amazon web servide EC2 に FTP で接続できなくなってしまったので
リファラーのアクセスを制限する
Googleへのクローラ巡回のリクエストとその拒否
Google Earth Pro を試す
Google Earth Pro を試す 追補
プログラミングをはじめたきっかけ
プログラミング言語は何から始めるかについて
一般の人が最初に実用として、どのプログラミング言語を学んだほうが良いのか
Webデザインで風流な縦書きを
iPhoneの使いみち 私の場合
Java servlet をAWS Amazon EC2 にアップロードする流れ
スキューアモーフィズムとフラットデザイン
スマートフォン等のサイトデザイン
・生活
フリーランスは国民年金基金に加入した方が良い
クレジットカードで家計簿
温かい飲み物を買わない
しみ込みチョコパフについて
依存症の原因とは
生きる意味とは?について
ペットボトルは買うな
突然の訪問は少し怖い
風邪をひかない方法
サンシェードの日除けの効果
なぜ人は隅に座るか(電車や席など)
一人遊びの才能
あいさつする意味
好きな事を仕事にしたほうがいいと思う理由
クリエイターと消費税
楽に掃除する方法
持たない手ぶら生活
イノベーションはどこにある
伝記を読む意義

Name:ドラ焼き
今は油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterにて近作のイラストもアップしてます。アカウント:@dorayakiArt
アート作品はこちら ウェブギャラリー:dorayakiArt Gallery
👇このページの記事をシェアする