dorayakiBlog

~興味ある事について書いてます~

続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
技法面で気になった部分について

前回に続き、
この著書の中で特に二点、
同じ絵を描く者として
(しかし格は神と下級悪魔くらい違うのだが)、
深く気になり、かつ共鳴した文章があり、

ひとつ目に技法的な部分として、

「1950年代から、油絵であっても光沢のない、フレスコの壁画に近い質感を求めておりました。」
(「バルテュス 猫とアトリエ」P130 フレスコ画の質感を目指して より引用)

『私が「絵を描きたい」と申しましたとき、バルテュスは「日本人の淡白を好む資質には、油彩は向いていない」と、グワッシュや岩絵の具を使うことをすすめました。』
(「バルテュス 猫とアトリエ」P137 バルテュスと日本 より引用)

ルネサンス等の西洋美術の他、
東洋の美術にも造詣の深かったバルテュス氏は、東洋の特に日本の絵にも理解が深かったようで、異なる文化圏にありながらも、日本の絵の性質を見抜いていたように思える。

文中の「淡白な」という一言が日本人の絵に対する資質をよく表している。

古来から日本の絵は材質的には薄い平塗りの比較的フラットな絵が続いてきたので、日本人のDNAが絵をそうさせたのか、絵が日本人のDNAをそのように形成したのかは分からないが、
「淡白」な、材質に対する感覚、つまりそのようなマチエールへの感覚を日本人の多くは持ちあわせていると考える。
現在でも、激しいコントラストで立体感のある3DCGや重厚な厚塗りのぎらぎらした油絵よりも、どちらかと言うと、2Dの映像や絵のコンテンツ (もしくは同じ3DCGでも2D寄りにデフォルメされた映像や絵のコンテンツ) やさっぱりしたフラットなイラスト画などのほうが多く好まれているように思える、単純に市場での数量から観るに。
もちろんそうでない資質の日本人も多数いるのも事実だが。
淡白の反対は重厚、濃厚だろうか。
とはいえ、絵の内容自体は淡白ともいえない荒々しい絵もあるものの。

ルネサンス以前のフレスコ画にも、絵とはもともと平面であるという画家モーリス・ドニの言葉のごとく、二次元の平たい面または次元に展開するという絵の根底に流れる世界共通の原理を明確に知っていて、フレスコ画の質感を求める事で試みていたのでは、と個人的には考える。
三次元を二次元に展開するという意味では、油絵具はその真逆の三次元を擬似三次元に再現する事で開発・発展した絵具だからこそ、氏は立ち返る事を試みたのではないかと。


二つ目に絵のあり方、または本来あるべき芸術論として、

「芸術家は個性ばかりを打ち出して、絵画を自己表現の手段とした。偉大な絵画は普遍性を備えてなければならないのに。……私は絵画に失われた普遍性と無名性を取り戻したいのだ」
(「バルテュス 猫とアトリエ」P128 バルテュスという画家 より引用 )
近現代では何をしても、特に奇をてらった事をすると、芸術だと捉えられるとも嘆いていたらしい。
アートに感じる違和感はその辺にあるのかもしれない、真のアートは別としても。
ただ絵というものは、元々は自身を持たず、世界の全てを写すその無名性にこそ自身を永遠たらしめる普遍性を宿している、という事は間違いないと考える。
氏はその本質を見抜き、かつ嘆き、そして独自の絵の道を進まれたのかと、本書からは読み取れた。

日本では氏の絵は、少女像などにエロティックな文脈で捉えられる事もあるが、個人的には氏の視線には人間に対する優しさや愛情などの信頼を感じる。

氏の貫いた絵画の信念に思いを馳せ、その信念の核または芯を考えてみたい。

カテゴリ別記事一覧
・絵画技法
ポワンティエという絵画技法
ポワンティエの仕組みについて
アラプリマ技法のコツ
スカンブル技法
グレーズ(グレージング)技法
スフマート技法
グリザイユ画法
インプリマトゥーラ
ファットオーバーリーン
ウェットインウェット
スパッタリング
絵の耐用年数
絵の耐久力
絵や印刷物の保存方法
絵具のつや消し
つや消しの絵具
つや消しの原理
つや消しの絵が好まれる理由
絵を描く姿勢
絵の描き方とは
黒い物体の描き方
補色対比を利用した描き方
透視図法とは
彩色について
陰影のつき方
・水彩、アクリル絵具、他
アクリル絵具の特徴
アクリル絵具の道具
アクリル絵具を使う時に気をつけたい事
アクリル絵具の弱点
アクリル絵具を落とす方法
アクリル画に必要な道具
アクリルニスの塗り方
水彩画の絵やイラストをうまく描くコツ・方法
アルキド樹脂絵具について
・油彩
油絵を描く道具
乾燥促進剤の種類
樹脂ワニスの種類
乾性油の種類
画用液の調合の方法
揮発性油の種類
油絵を描く時の臭い
シルバーホワイトという絵具
シルバーホワイトとチタニウムホワイトを混ぜる
混色制限の無いウルトラマリンブルー
油絵具で紙に描く方法
油絵用の画用紙
紙に油絵具で描く
油絵専用画用紙アルシュオイルパッドについて
油絵の具でイラストを描く
油絵具を速く乾燥させるには
油絵の臭いを減らして描く
油彩筆の洗い方
グレーズの画用液について
スタンドオイルやベネチアテレピンについて
ブラックオイル(クサカベ)のレビュー
ストロングメディウム
高品位油絵具ヴェルネ 使用感
樹脂油絵具について
・画家
フェルメールブルー
印象派モネの技法
印象派ルノワールの技法
ハマスホイについて
「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで
続「バルテュス 猫とアトリエ」を読んで - 技法面で気になった部分について -
・美術
画家は長生きなのか?
絵はお金のかからない趣味なのか?
画家の映画
5分で分かるざっくり西洋美術史
鉛筆の硬度Fとデッサンなどでの用途
下手も絵のうち について
心が哭くという事 芸術創作の動機
絵を描くときの眼の使い方
仕事しながらの創作について
美術館でのマナーについて
よく行く画材屋について
百均の絵具
チタニウムホワイトの特徴
ビスマスイエローの特徴
紙パレットの利点
空はなぜ青い
天然の軟毛筆について
筆の置きどころ
アートは必要ないか
アート(芸術)とは何なのか?を考える
美術の授業は必要なのか
コロナ禍の美術鑑賞
絵の飾り方
絵の行き着く場所
アナログ画材・アナログ絵具の良い点
デジタル画材の良い点
・ウェブ・IT
NTTドコモの新料金プランのahamo(アハモ)にしない理由
スマホアプリのデジタルデトックス
Twitterでサムネイル画像を真ん中に調整する方法
レスポンシブウェブサイトの作り方
スマホはサブブランドに脱出せよ
スマホゲーム(ソシャゲ)は高過ぎる
UQモバイルへの移行費用
simロック解除の方法
mnp(ナンバーポータビリティ)の方法
スマホ・携帯ショップでタブレット契約した時の何か騙され感のある話
スマホの料金が高いのでauからUQモバイルに変えた
買い切りアプリゲームについて
スマホ依存症・中毒にならない為に
photoshop for ipad を試してみた
マイナーなジャンルなブログの描き進め方
自分のサイトの表示速度を測る方法
i pad 電源がつかない時の対処法
パソコン配布27万円について
スマホ用VRゴーグル(簡易版)を買ってみた
ながらスマホについて
iphoneのメモ帳の活用
一般人はプログラミングを学習する必要があるのか?
人はAIに仕事を奪われるのか
Amazon web servide EC2 に FTP で接続できなくなってしまったので
リファラーのアクセスを制限する
Googleへのクローラ巡回のリクエストとその拒否
Google Earth Pro を試す
Google Earth Pro を試す 追補
プログラミングをはじめたきっかけ
プログラミング言語は何から始めるかについて
一般の人が最初に実用として、どのプログラミング言語を学んだほうが良いのか
Webデザインで風流な縦書きを
iPhoneの使いみち 私の場合
Java servlet をAWS Amazon EC2 にアップロードする流れ
スキューアモーフィズムとフラットデザイン
スマートフォン等のサイトデザイン
・生活
フリーランスは国民年金基金に加入した方が良い
クレジットカードで家計簿
温かい飲み物を買わない
しみ込みチョコパフについて
依存症の原因とは
生きる意味とは?について
ペットボトルは買うな
突然の訪問は少し怖い
風邪をひかない方法
サンシェードの日除けの効果
なぜ人は隅に座るか(電車や席など)
一人遊びの才能
あいさつする意味
好きな事を仕事にしたほうがいいと思う理由
クリエイターと消費税
楽に掃除する方法
持たない手ぶら生活
イノベーションはどこにある
伝記を読む意義

Name:ドラ焼き
今は油絵具でイラストを描いてます。webプログラミングもやってます。 このブログでは絵や興味ある事について書いてます。Twitterにて近作のイラストもアップしてます。アカウント:@dorayakiArt
アート作品はこちら ウェブギャラリー:dorayakiArt Gallery
👇このページの記事をシェアする