dorayakiBlog

暖色・寒色・中性色とは

暖色・寒色・中性色の色相はスペクトラム(虹)の様な環状に並べる事が出来、これを色相環と言う。

色相環の図

・暖色
色:赤、オレンジ、黄色
暖かみを感じさせる色
黄みがかった赤〜赤みがかった黄色がより暖かさを感じられる。
高彩度か高明度または両者を帯びているとより暖かみや暑さを感じられる。

暖色の色見本

・寒色
色:青緑、青、青紫
緑みがかった青〜紫がかった青がより寒さや冷たさを感じられる。
高彩度により涼しさ、高明度・低明度により冷たさが際立たせられる様に感じられる。

寒色の色見本

・中性色
色:黄緑、緑、紫、無彩色(白〜灰色〜黒)
各色を輪っか状に並べた色相環という円環上の暖色と寒色の中間に位置する色。
この中性色は寒暖の性質が曖昧なので隣に配色する色が暖色か寒色かにより暖かみのある配色か寒さ冷たさを与える配色かどちらかに寄る様に感じられる。特に無彩色で顕著に感じられる。

中性色の緑色の色見本
中性色の紫色の色見本
中性色の白・灰色・黒の色見本

関連する記事
・膨張色、収縮色とは
・興奮する色、落ち着く色
・官能的な色とは
・表面色、面色とは
・補色対比を利用した絵の描き方