dorayakiBlog

暖色の効果と一覧図

暖色とは、暖かさ(温もり・暑さ・熱)を感じる事の出来る色である。視覚を通じて脳に効果を感じさせる。

その色が何色かを示す色相で言えば、赤が最も暖色の効果が強く、色相環上で両隣にある橙色や赤紫までの範囲が暖色となる(黄や紫は中性色(暖色でも寒色でもない色相)に属するが赤みの黄(山吹色)や赤紫は赤みを含むので広義には暖色とする)。

色相環の図
色相環の図

色の鮮やかさの度合いを示す彩度では、最高彩の暖色の原色や純色が暖色の効果が最も強く、彩度が下がり無彩色に近づくにつれ暖色の色みが少なくなり効果は下がる。

色調(トーン)の色相・明度・彩度の関係図
色調(トーン)の明度・彩度の関係図

色の明るさや暗さの度合いを示す明度では、明度の高低それ自体で暖色の効果に大きく左右するわけでないが、例えばある一色の原色や純色である最高彩度の暖色(例えば原色の赤)を起点に明度が上がれば淡色になり明度が下がれば暗色になり結果として無彩色に近付いて白みか黒みの色彩中の割合が増え彩度を下げる事となり暖色の色みを失い効果を失う。ただ最大の効果を持つ原色や純色は中程度の明度であり仮にその明度を保ったまま彩度を低く下げていけば灰色みがかった中間色になり最終的には完全な灰色となり暖色の効果は失われるので明度というよりも彩度に依る処が大きいと言える。

暖色の一覧図
暖色の一覧図

上図は暖色の範囲に属する各色相の左から順に原色もしくは純色・淡色・暗色・中間色の図となる。